自分が高齢になった時に心配な体の事

足は第二の脳と言いますが / 51歳 女性

PAGETITLE
足は第二の脳と言いますが、自分が高齢になった時、ちゃんと自分の足で歩けるだろうかと心配になることがあります。
街中で、よくシルバーカーを押しながら歩いている高齢者を見ますが、シルバーカーを押しながらでも歩けるのなら良い方でしょう。下半身が強くないと、寝たきりになることもあるそうです。
どんなに長生きをしたとしても、寝たきりでは自分自身も周りの家族もおもしろいはずがありません。
下半身の強さはどれぐらいあれば大丈夫なのか、ちょっと調べてみたことがあります。平らなところで片足立ちになり、その体勢のまま、しゃがんでさらに立ち上がることができれば大丈夫なのだそうです。
そのことを知って、試しにやってみたのですが、どうしても後ろに倒れてしまって、片足立ちでしゃがむことができません。
これでは、将来、高齢になった時に、シルバーカーや杖を頼りに歩かなければならなくなるかもしれません。最悪、寝たきりにならないとも限りません。これは今のうちに鍛えておかなければならないと、日夜筋トレに励んでいます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017自分が高齢になった時に心配な体の事.All rights reserved.