自分が高齢になった時に心配な体の事

昨年の秋、夫の母が亡くなった / 45歳 女性

PAGETITLE
昨年の秋、夫の母が亡くなった。年明けに悪性リンパ腫と診断され、闘病生活を送っていたけれど、最後は安らかに眠るようだった。よく、がんは遺伝の影響があるといい、脳の病気も遺伝が大きいように思う。
そう考えると、私は脳の病気がかなり怖い。父は20年くらい前に脳血栓をした。
幸い早期の発見だったので入院することもなく後遺症もなく、今も元気なのだけれど、父の父もやはり脳の病気で、親戚の人にも多いような気がする。母方もやはり同じだ。
私は高齢になってからは、脳の病気に気をつけなくちゃいけないと思っている。父の病気があってから、コップ一杯の水を就寝前と起床後は必ず飲んでいて、日中もなるべく水を飲んでいる。
女性特有の病気も遺伝が多いらしいが、母は70歳を過ぎてもなんの病気もなく元気なので、安心している。私が高齢になった頃の社会はどうなっているかわからないけれど、なるべく自分自身で自分のことが出来るように体力もつけておきたいものだ。

お役立ち情報

Copyright (C)2017自分が高齢になった時に心配な体の事.All rights reserved.